初心者のための外壁塗装情報サイト


知っておきたい外壁知識

建てっぱなしはNG!外壁塗装の重要性

建てっぱなしはNG!外壁塗装の重要性 夢のマイホームを建てて毎日快適に過ごしていても、ある程度年数が経ってくるとさまざまな場所に傷みが出てきます。
それは室内だけではなく、外壁にも言えることです。
雨風にさらされ、暑い太陽や紫外線を浴び続けている外壁は実はかなりの負担を強いられいます。
ですからマイホームを建てたからと言ってそのまま建てっぱなしでいることは、良くありません。
一見綺麗に見える外壁も、ひび割れがあったり苔がはえたり色褪せていたりする場合があります。
外壁塗装の塗り替え時期としては、一般的には家を建ててから約10年目くらいと言われています。
このサイクルを意識して定期的に外壁を塗り替えることにより、家の美観を維持することができます。
また補強の面からもメリットがありますし、断熱性も高められる塗装もあるのでより快適に過ごすことができるようになります。
そして家の耐用年数が延び、資産価値も高まると考えられます。
10年サイクルを考えるメリットのひとつに、ずばり酷くなる前に対象することが重要なのです。
酷くなってしまってからの外壁塗装補修や、塗り替えをするとその費用は膨大になります。
つまり酷くなる前に塗り替え時期を意識して、定期的に塗り替えをすることで相対的な費用を抑えることができます。

築年数は関係ある?外壁塗装の耐用年数

築年数は関係ある?外壁塗装の耐用年数 築年数は外壁塗装の塗り替えの目安となり、結論から言うと築10年目ごろに行うとよいでしょう。
築年数が10年にもなると建物の劣化も現れ、新築時に塗られた塗料もボロボロになってきます。
そのためこの時期を目安に自宅のメンテナンスを行い、外壁塗装を行う人が多く見られます。
外壁塗装を必要とする時期がなぜ築年数と関係あるのかというと、それには二つの理由があります。
一つ目が年数が経過しているから劣化が進んでいるということです。
住宅は建設中からすでに紫外線や雨風、ほこりなどのダメージを受け始めることとなります。
塗料の種類によっても異なりますが、費用を抑えるために安い塗料を使っていることもあるでしょう。
すると外壁の保護機能である鼓膜はすぐに劣化することとなります。
そして外壁に塗られた塗料の耐久年数が10年前後までしか保てないということもあります。
それぞれの塗料に特徴がありますが、新築時に使われることが多いウレタンやシリコンの塗料は耐用年数が10年であることから、多くの家は10年前後が次の塗り替え時期とされます。
また住んでいる地域の気候や家周りの環境によっては、条件が悪ければ中には築5年ほどでも外壁塗装が必要になることもあるので、定期的にメンテナンスを行う必要があるでしょう。

お勧めの外壁塗装関連サイト

外壁塗装を東京で行います


Copyright 2018 知っておきたい外壁知識 All Rights Reserved.